HOME > ブログ > 節分そば

節分そば

< 美味しいおそばのゆで方。  |  一覧へ戻る  |  かつおが体脂肪を燃焼させる!? >

 

江     江戸時代の後期には、大晦日ではなく節分に食べるそばを年越しそばと呼んでいました。
      立春の前日の節分は大寒の最終日、つまり冬から春への節目です。
      出雲地方でも古くから立春を新年ととらえ、その前日である節分に年越しそばを食べる習慣が
      ありました。
      現在でもその風習が残っている地域があります。
      最近ではコンビニ等の広報により、節分に恵方巻きの寿司を食べる風習が流行っている様です、
      そば業界も「節分そば」の由来をもっと説明すればたくさんの人が食べてくれると思います
      しかし、年に二回もいわゆる年越しそばとして宣伝することには抵抗があるのでしょう
      そばを食べる特別な日は地域により異なるのですが、年に何回もあります。
1月(睦月) 元旦そば、初晦日そば
2月(如月) 節分そば、八日そば
3月(弥生) 雛そば
5月(皐月)  端午そば
7月(文月)  土用そば
9月(長月)  神のお立ちそば
10月(神在月)  夷講そば
11月(霜月)  冬至そば
12月(師走) 年越しそば、煤払いそば、討ち入りそば、
八日そば、勘定そば
 

 

コメントする

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 節分そば

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.soba-furuta.jp/tkn/mt-tb.cgi/60

< 美味しいおそばのゆで方。  |  一覧へ戻る  |  かつおが体脂肪を燃焼させる!? >

このページのトップへ